読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PyCharm Community EditionでGoogle App Engineアプリ作成したい

本当はライセンス購入したいが、何分お金がないので…スマソ

PyCharmでPure Python Projectとして開発していると、appengine系のパッケージが参照されないので結構つらい。そこで、virtualenvwrapperを使って、参照させるようにする。

環境
  • Ubuntu 14.04
  • PyCharmはインストールされている
pipのインストール

aptからpipを入れるといろいろとトラブるのでeasy_installから。

$ sudo easy_install pip
gcloudコマンドのインストール

リファレンス参照。 cloud.google.com

appengine for pythonのインストール

プロジェクト作成時に出るが、一応。

$ gcloud components update gae-python
virtualenvwrapperのインストール
$ sudo pip install virtualenvwrapper
$ echo '# path to virtualenvwrapper
if [ -f /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh ]; then
    export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
fi
' >> ~/.bashrc
google-app-engine環境の作成
# google-app-engine環境の作成
$ mkvirtualenv google-app-engine

# google-app-engine環境に切り替わったからPath通す
(google-app-engine) $ add2virtualenv ~/google-cloud-sdk/platform/google_appengine

# deactivateでgoogle-app-engine環境から抜け出す
(google-app-engine) $ deactivate

# workonでgoogle-app-engine環境を起動できる
$ workon google-app-engine
PyCharmプロジェクトに反映

mkvirtualenvしたらPyCharm再起動。 すでにプロジェクトを作成している場合は、Settingsからproject interpreterで検索し、出てきたGoogle-app-engineに変更してApply。 新規プロジェクトの場合は、Google-app-engineのInterpreterを選択して作成。

あとはPyCharmまかせでOK。プロジェクト内で必要なライブラリ等はrequirements.txtに書いておけば、PyCharm側からインストールできる。