読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C#で、プロジェクトにクラスを追加する

Eclipseユーザーの俺が初めてC#を触ってみる。

結構Eclipseとの比較が多くなるかもね。

研究でC#を使わなければならなくなり、今日からほんのすこし勉強開始。
C#ってJavaに似た感じなので、割りと楽しい。
今わかっていることをこれから継続的に書き連ねていくつもり。

環境
Windows7 Pro
Visual Studio 2010

(1)クラスの継承の仕方

C#なのでVisual Studio 2010を起動。
コンソールは嫌いなので、Windows Form Applicationプロジェクトを作成。

f:id:tatuas:20121101205553j:image

面倒なので名前はデフォルトを使用。

作成したら、ソリューションエクスプローラ(eclipseでいうプロジェクトエクスプローラ)を開く。
右クリックしてクラスを追加。

f:id:tatuas:20121101205554j:image

Javaならまずパッケージを作成して、そこにクラスを追加するのが定石だが、
C#の場合は、今回の場合WindowsFormsApplication1というプロジェクトが
Javaのパッケージに相当するらしく、パッケージの作成は不要。
そのかわり、namespaceというものを各クラスに指定しなければならない。
Visual Studioからクラスを作れば自動で指定される)
コンパイルするときは、このnamespaceが一致するクラスを読み込むようだ。

今回はTestClass.csというファイルをつくる。
ソースは以下。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace WindowsFormsApplication1 {
    class testClass {
        private int dec(int s, int r) {
            return s - r;
        }
        public int add(int a, int b) {
            a = a + dec(55, 7);
            return a + b;
        }
    }
}

若干変なのはご愛嬌。

これをフォームに継承する。
Form1.csに戻ってボタンを作成。

f:id:tatuas:20121101211041j:image

クリックイベントに下記のソースを追加。

testClass tt = new testClass();
tt.add(1,1);
MessageBox.Show(tt.add(2, 2).ToString());

ほんとにJavaのようで楽ちん。